本日は、平成30年(2018年)2月1日木曜日
【東京・四ツ谷の経営コンサルタント 元キーエンス(→アンリツ)社員、
中小企業診断士の立石です】

直近のブログ記事のテーマは、私がキーエンス勤務時代、
その高精度に圧倒された、アンリツの光マイクロ(KL130A)の回想を
綴りました。
※(いわゆる、レーザ光を用いた非接触変位計である)光マイクロ®は、
アンリツ株式会社の登録商標であります。
(入り口となるブログ記事は、>>>コチラをクリックしてください

当時、ライバル他社を圧倒する、高精度の機器であることには
間違いなかったのですが、それでも課題がありました。
センサヘッドを小型化するということです。
下記のセンサヘッド写真は、
光マイクロ 総合カタログ CAT.NO.46368-2からの抜粋・引用となります。
photo:カタログP2頁より抜粋

ご覧の通り、手のひらに乗るサイズなのですが、「三角測量方式」である為、
高精度を維持するには、小型化にも限界があります
(さらに小型化すれば、精度が格段に落ちます)。

お客さまからのご期待。
アンリツなら可能になるのでは?

『ストローのような、極細の形状にならないか?』というお客さまの要望。
それは、アンリツが光マイクロを開発した1974年以降から、
多々存在していたと思います。
そのニーズに対して、それまでのアンリツが対応しなかったのか、
対応できなかったのか、その経緯は、
キーエンス退職後、アンリツに途中入社した私には、
把握できないことです。
ただ事実として(本当にありがたくも)、
その小型化実現にむけて、私が戦端を切らして頂いたのであります。

偶然の電話受け

1990年前半の夏休みだったと思います。
当時のアンリツは、一斉休暇でありましたが、
本人の希望で、一週間ほど前後しての休暇取得もできました。
誰かが職場にいるので、お客さまに即時対応できるわけで、
理にかなっていることでもありました。
当時、その制度を利用した私。
出勤したのが『旧盆』の時期。
連日のような電話は鳴らず、事務処理やら
作戦検討に集中していました。
そんな中、一本のお問い合わせ電話がありました。
光マイクロが『ストローのような細い形状にならないですか?』。
至急の打合せ希望、お招きを頂きました。
フツーは、無理だという常識の下、
『丁重にお断り』に進むはずです。

当時のアンリツの営業部門では、キーエンス勤務時代のような
終日・たくさんお客さまへ訪問するルールとは異なり、
優先順位を考えていれば、出社後の1件訪問も有りでした。
そんなわけで、当日に訪問することにいたしました。

お話しを伺っていると、
必ずしも、全体を小型化にする必要が無いということでありました。
私は、アンリツなら開発できるかも?というイメージを持ちました。
何よりも、お客さまが
ある専門用語を口にされたので、大変興味を惹きました。
それは、法令やJIS等の規格の用語とは無縁なのですが、
アンリツに勤務してから知り得た、
ある用語です(個人的に、非常に気になっていたことです)。
この用語を知らなければ、前に進むことはなかったはずです。
製品化にむけ、この用語を深く理解する為に、技術論文を入手したり、
有給休暇を取得して、国会図書館にも足を運びました。
さらに、全国のあちらこちらのお客さまに訪問面談他、
独自に市場調査も実施いたしました。
キーエンス勤務時代とは異なる、『夢中になる』毎日です。

そして、このストロータイプの光マイクロが、実際に製品化されます。
製品化(量産品)できた理由は、
・研究されていた新技術が応用できたこと
・開発・設計のエンジニアが優秀であったこと
・(前回登場頂いた)直属の営業部長がいらっしゃったこと
(市場性等を即理解され、後押しして頂けました)。

『ストロー』の幅は10mm(1㎝)を
更に下回る・・・


バージョン1は、まさにストロー2本を並べたタイプ
(1本からレーザ光を放ち、もう1本で受光:三角測量タイプ)
それでも、さらに小型化のご要求があったので、
上記のリーフレットの記載通り、1本のストローのタイプに進化します。
もちろん、レーザ光の投受光を1本でこなします。
そのストローの幅は、限界とされた10mm(1㎝)を更に下回りました。

命名させて頂いた:ピンタイプ光マイクロ

製品名は、○○○○光マイクロになります。
その、○○○○の部分には、『ストロー』や『先細形状』等々が検討されます。
先細は、業績が先細りというイメージで縁起が悪い(笑)・・・
私は、かねてより高級なネクタイピンとクロスさせていました。
スリムだけど頑丈(製品として力強い)イメージです。
そこで【ピンタイプ光マイクロ】に、押し切らせて頂きました。
その後から現在まで、
いわゆるレーザ光を用いた非接触変位計(三角測量方式)の分野で、
ライバル会社が、このスリムタイプを投入したという情報を、
耳にしたことがありません。
オリジナル&ハイレベルの方針下、当時のアンリツの卓越した技術力が、
他社の追随を許さなかったのでありましょう。

最強の製品群

当時の光マイクロは、第二次大戦中の戦車に例えるなら
その性能からして、ドイツの最強戦車『ティーゲル(タイガーⅠ)』で
あると綴りました
(その関連記事は >>>コチラをクリックしてください)。

更に進化した、このピンタイプ光マイクロのセンサヘッドを
横に寝かせると、戦車の砲塔のようですね(笑)
ピンタイプ光マイクロは、さらに強力な大砲を装備する
『ティーガーII(キングタイガー)』。
そんなイメージです。
前回綴りました【進化する光マイクロ®】、
ついに、オリジナル&ハイレベル商品が揃いました
(公開したリーフレットの作成は、後年なのですが)。

試合に勝って勝負に負ける?
いわゆる【失われた勝利】

このピンタイプ光マイクロ完成を持って、
お世話になった先輩に続き、私が異動することになりました。
新商品の企画業務の兼務は、しばらくお休みです。
異動先の課題は、とにもかくにも売上高伸長です。
赴任当初は、全くどうにもならない状況でしたが、
対キーエンスとの受注競争も経て、
それには、十分にお応えできました。

当時の私の正直な感想。
私が異動する1年前、番頭格の先輩がいらっしゃったメンバーのままで、
あと3~5年の時間があれば・・・
おそらく、全ライバル会社との競争で
アンリツの完勝が、実際にかなうと。
でも、その考えは正しくありません。

そして、誠に残念ですが、どういうわけか
その後は【失われた勝利】という言葉が、
現実味を帯びていきます。
わかりやすく表現すれば
『試合に勝って勝負に負ける』という事態に
直面していくのであります。