本日は、平成31年(2019年)4月3日(水)
【東京・四ツ谷の経営コンサルタント
元キーエンス(→アンリツ)社員、
中小企業診断士の立石です】

世間一般の会社と同じく、キーエンスでも入社してすぐの集合研修で、
モラル(道徳面)での指導があります。
これは、昔も今も不変だと思います。
何せ、創業者が重要としている、教育方針のひとつでもありますから。

かつて『公私の区別をつける』という記事を綴りました。
>>>コチラをクリックしてください
今回は、キーエンスで、最大の罪のひとつをご紹介いたします。

あってはならない『時間を盗む』こと

『時間を盗む』とは、キーエンスの創業者が語られた
キーエンスで、最も忌み嫌われることです。
営業担当者を例にすると、顧客訪問の外出と称して、
外で昼寝したり、喫茶店で時間を潰す・・・いわゆる【サボり】です。

もちろん、防ぐ仕組みもあります。勤務していた当時から始まったのですが、
訪問前日の上司への外出報告の徹底や、
当日の訪問先へ、上司からの『抜き打ち電話』がありました。

不正が発覚したら、現在は【降格程度】らしいですが、
私が勤務していた当時は、
厳しく叱責されて、自主退職というパターンもあったようです。
当時は、中途採用の方が多かったので(前職の会社の教育方針が異なるため)、
人によってモラル(道徳)の、バラツキがありました。
もっと言えば、前職の悪い癖(サボってもいいという感覚)を、
改めることができなかったのだと思います。

一方、(1986年)円高不況下の就活でさんざん苦労して、
ようやく採用頂いた、我々1987年4月の新卒入社組
(当時は、本当感謝あるのみで、忠誠度は明らかに高い)。
創業者から『時間を盗んではいけない』の一言で、以降の不正が
起きうる可能性は、皆無になったと思います。

実際に『抜き打ち電話』される同期なんて、
いなかったと思います。
これは、行動指針を完璧に記憶しているのと同様、
新卒者は、指示した通りに全員が実行する・守る・・・
その信頼の証が、背景にあったのだと思います。

なお、今年キーエンスに新卒入社される方は、我々よりも
はるかにモラル(道徳)の高い方々に、違いないので、
本日の話題とは無縁ですよね
ご注意:なお、万一モラルの低い人が潜り込んでも、まず発覚しますよ)。