本日は、令和元年(2019年)8月1日(木)
【東京・四ツ谷の経営コンサルタント
元キーエンス(→アンリツ)社員、
中小企業診断士の立石です】

今回のシリーズでは、現在の【デジタルマーケティング】時代到来というトレンドの中で
B2B(BtoB:企業間取引)訪問セールスビジネス(主に製造業)の分野が、
どう関わっていくかについて、
方針、狙い(目標)・範囲、オペレート(スキル・活動)、
支えるフレーム・セキュリティ等のリスク等について、
バラバラと綴って参ります。

本日は動画コンテンツの話題です

インターネットが普及していない30年前・・・
意外なことですが、動画を販売ツールにするという、トレンドもありました。

当時、小型液晶画面付(最近見かけない磁気テープを記録媒体とする)のムービーで、
初回訪問時に、動画をお客さまにデモする手法です。
提示するコンテンツ(動画)は、会社案内・・・
お客さまが、忙しい時間を割いて面談した冒頭にデモ開始、
時間(20~30分程度)を要すせいか、
大変不評だったようで、ほどなく姿を消しました。

一方、現在は前述のシーンと違って、
お客さまが『自由な時間に視聴できる時代』です。
今後、動画コンテンツをマーケティングツールに活用する手法は
増えていくことに間違いなさそうです。
活用例として、
これまで営業担当者が訪問実施していた『製品デモ
自社設備の紹介等々
なお、音声無し(説明は字幕を取り入れる)だと、
より気軽に閲覧できる、コンテンツになりえるはずです。

最も安く済ませる方法・・・

動画コンテンツの質は、ピンからキリで、
専門映像制作業者の方に依頼すると、素晴らしい出来になるのは確実です。
ただ、新規事業の部門や中小企業が、動画制作に莫大な予算を投じることは
難しいとの声が、かねてより寄せられていました。
何事も(特にマーケティング活動は)、まず安く済ませてトライが妥当でしょうね。

いくつかの企業からのリクエストにお応えして・・・

初期費用をどれだけ抑えられるか?
昨年、検討したことがあります。
もちろん【出来映え】は、二の次でオッケー。

結果、初期投資・総計で3万円以内程度。

画像記録機器(最新ではないFULL HDのムービー)を購入
(スマホでもできるはずですが、会社共有の専用機として・・・)
そして
パソコンで動作する編集ソフト
・動画のカットとつなぎあわせ
・動画再生中の字幕挿入等

以上を購入して、手持ちのパソコンを利用、
ソフトで編集後に、YouTube(ユーチューブ)に投稿
(照明・マイク・三脚も無しでの撮影です)。

私と同じものを購入されて、社長さんたちもスタート。
あとは動画の内容勝負ですね。

最近中断していて恐縮ですが、
YouTube 立石シゲオの経営ビジネス情報
完成の一例です。
ちなみに、いま初めて公開いたしますが、内容云々より
一番お金のかからない手法の、ご紹介(『出来ましたよ』)でも
ありました。

YouTube
「立石シゲオの経営ビジネス情報」


YouTube チャンネル登録は
↓こちらからも可能です