本日は、平成31年(2019年)3月31日(日)
【東京・四ツ谷の経営コンサルタント
元キーエンス(→アンリツ)社員、
中小企業診断士の立石です】

明日4月1日、入社式の企業も多いと思います。
ちなみに、都心は花冷えです。
「使い捨てのカイロ」を、ご利用されるなどの
寒さ対策は、是非おススメしたいと思います。

土日がお休みの方も、本年は月曜日スタートなので5日連続勤務。
緊張される新入社員の方にとって、週末までは長いですね。
キツイ1週間かもしれませんが、すぐ慣れるはずです。
元気よく参りましょう。

同じく、明日4月1日、
新しい元号が発表されます。
そのため、本日は
平成をしみじみ意識できる日でもあります。

振り返れば、
昭和にキーエンスに新卒入社して
当時ライバルのアンリツに転職したのが
平成元年。
平成の1/3は、アンリツで対キーエンス受注競争の毎日。

以降、独立して経営コンサルタント業。
後半は、中小企業診断士の資格も取得・・・現在に至ります。

キーエンスに入社して、真っ先に教えられること。

まずは、経営理念と行動指針の重要性です。
新入社員には、行動指針全文を暗唱しているかの確認として、
筆記テストがあると思います。
行動指針には3つの意識が必要と(定義)されていて(▲▲、〇〇、■■は略)
(▲▲意識)仕事は責任を・・・(以下略)
(〇〇意識)その仕事は何の・・・(以下略)
(■■意識)仕事のやり方が・・・(以下略)

(行動指針の記事については、
>>>コチラと
>>>コチラをクリックしてください)。

句読点含めて、一字一句正確であることが、求められます。
私が入社した年以降、新卒入社の方は、全員完璧だと思います
(不思議なことですか、私はキーエンス退職して30年を経た現在も、正確に記述できます)。

さて、本日はキーエンスに入社して、真っ先に教えられることの
いくつかの中で、他の会社の新入社員にとっても、
大変参考になることを綴りたいと思います。
平均年収2000万超え(記事は、>>>コチラです)のキーエンス。
その基本ルールでもあります。

(特に報告の際)『ありのままに話す』

ウソをつかない、虚偽の報告をしないことはもちろん、
自信が関与したミスについて、取り繕うようなフィルターや
成果があった際に、自身を誇示するためのバイアスも不要・・・
そんなイメージです。

お客さま宛に直販、中間業者経由でもユーザーへ直接サポート対応、
高付加価値商品開発のための顧客ニーズ収集・・・
いずれの活動でも、『事実ではない情報』は、会社を悪い方に
進めてしまうからです。

私は、クライアント先での商品企画の会議等では、
同様のことをおススメしています。

商品企画の場で交わされる意見。
お客さまから頂いた正確な情報・事実】と
自身の所感・思い込み】が混ざって、話される場合が多々あります。
特に、その場にいる地位の高い人が【自身の所感・思い込み】を提言すると
場合により、事態は深刻になります。

キーエンスでは、上司であれ【自身の所感・思い込み】は
話すな!と、即処断されてしまうと思います。

一方、私はクライアント先で、
切り分けて話しましょう』という、事前ルールを提示しています。
まず、お客さまから得たい情報項目は何か?をピックアップ。

後に、その情報項目が入手できなかった(ヒアリングを忘れていた等)場合、
追及をかわそうと、不正確な情報で取り繕うのは、キーエンスと同じく禁止。
もし、ヒアリングを忘れていたのなら、責任追及せずに、
再度「お客さまにお尋ねしましょう」ということも、提案しています。

その後、【自身の所感・思い込み】を切り分けて討議します
(良い仮説につながる場合もあるからです)。

『優先順位』という考え方

キーエンスでは、新入社員が何かの業務をやっていると、
先輩から『いまの時間、まず(急ぎで)他にやるべきことがあるのでは?』と
注意を受けるシーンがあります。
いわゆる、優先順位という考え方です。

この思考、キーエンスでは徹底されます。
というのも、キーエンスでは、指示待ちの正社員は、
必要とされません。
キーエンスの正社員に求められるのは
【考えて行動すること】、それにつながります。

例えば、キーエンスの営業担当者。新卒入社した年の秋には
担当地区を任されます。
世間一般の営業部門では、新人は見習いであったり、
チーム制のメンバーで1社を担当する場合もありますが、
キーエンスでは、担当地区で担当(事業部)の商品を販売するのは、
(新人であれ)ひとりの営業担当者のみです。
上司のサポートはありますが、上司は別の担当地区を営業しています。
ひとりで担当地区を持つ(活動する)ということは、
たくさんの業務を伴います。
ゆえに、優先順位という思考は、欠かせないものなのです。

転職したアンリツでも、いわゆる仕事ができる人は、
【優先順位】を当然のように意識・実践されていました。
ただ、キーエンスのような、徹底した教育の体制はなかったので、
人によるバラツキが生じていました。
優先順位を意識しない社員(ほとんどが、パフォーマンスが低い社員)に、
直接の指摘や、厳重に注意ができる企業風土では無かったのが、人に優しいアンリツ。
時に心の中で(『(急ぎで)まずやるべきことがあるだろう・・・』)と
さらに、突っ込んで
『いまあなたが取り組んでいる業務、本当に必要なの?(全く利益にならない業務では?)』と
眉をひそめたことが、正直何度もありました。

結果的に、よからぬことの放置(笑)というのは、業績・報酬のアップには、つながらないですね。